2010年6月17日 武田薬品工業とキャンバスが提携の解消を発表

日本の創薬バイオベンチャーであるキャンバスと武田薬品は、両社が抗癌剤候補化合物CBP501に関し締結した2007年3月30日付の共同事業化契約について、2010年6月15日をもって解消したことを発表しました。

CBP501は、G2チェックポイント阻害を作用メカニズムとするペプチド型の抗癌剤候補化合物で、現在米国にて非小細胞肺癌並びに悪性胸膜中皮腫を対象としたフェーズ2臨床試験が実施されています。武田薬品はキャンバスから、CBP501の全世界を対象とする独占的な開発・製造・販売権を取得、米国では両社が共同で開発を行っていました。

提携解消の理由は、武田薬品において癌領域における開発パイプライン各プロジェクトの開発戦略及び優先順位等の見直しが行われ、その結果、今後のCBP501開発方針について両社間で大きな相違が生じた、とされています。

キャンバスは、今後もCBP501の開発を継続し、新たなパートナーを模索するとのことです。

 ニュースアーカイブへ <<