2010年4月19日 ヒト多能性幹細胞(Muse細胞)の発見

東北大学出澤真理教授と京都大学藤吉好則教授らは、ES細胞、iPS細胞に次ぐ第三の多能性幹細胞を、皮膚や骨髄などの成人ヒト間葉系組織から新たに発見し、その効率的な分離・抽出方法の確立に成功したと発表しました。この細胞を、Muse細胞(Multilineage-differentiating Stress Enduring Cell)と名付けたとのことです。

Muse細胞は、ヒトの骨髄や皮膚に含まれる細胞中にごくまれに現れるES細胞に似た細胞で、研究チームはこの細胞に着目し、その分離・培養に成功しました。Muse細胞は、培養により神経や筋肉、肝臓など多様な細胞に分化すること、マウスの損傷した皮膚や筋肉、肝臓に生着し、その組織特有の細胞に分化すること、が報告されています。

また、Muse細胞は生体中に存在するものであるため、iPS細胞のように遺伝子導入などの特殊な操作は必要とせず、ガン化の危険性が極めて低いことが示唆されています。

研究チームは、医療応用の可能性も見据えて研究を続けるとしています。

 ニュースアーカイブへ <<