2010年3月23日 Alnylam、武田薬品からRNAi技術の移転料を獲得

2010年3月23日、Alnylam Pharmaceuticalsは、武田薬品から20百万ドル(約18億円)の技術移転料を獲得したと発表しました。

武田薬品とAlnylamはRNAi技術について2008年に戦略提携を発表しており、武田薬品は提携一時金として120百万ドル(約108億円)をAlnylamに支払っています。今回の支払は、技術移転が一定の進捗を達成したことによるものとのことです。

AlnylamはRNAiの医薬応用を進める米国バイオベンチャーで、RNAi医薬品に関する基本特許を保有していると考えられています。抗体を含むバイオ医薬で出遅れた武田薬品ですが、二の轍を踏まぬよう、RNAi医薬には手を出したというところなのでしょうか。今後、具体的なパイプラインを出してくるのかどうか、注目です。


 ニュースアーカイブへ <<