研究職

研究職はR&DのRサイドを担うポジション

白衣をまとって研究室(ラボ)で働く、研究を主体とする職種です。実際に手を動かして実験を行うことが業務の中心になりますが、チームとして働くことになりますから、当然マネージャー職も必要です。マネージャーとしての役割が増えれば、手を動かして実験をする頻度はその分減っていきます。大学でいえば、助教授、教授になるにつれ、徐々に実験から離れていくのと同じですね。

研究職は会社のR&D(Research&Development)機能のRサイドを担う職種で、バイオ企業の主要な職種のひとつと言えると思います。医薬品開発を手がけるバイオベンチャーでは、タンパク質・遺伝子レベルの実験、細胞実験(in vitro)や動物実験(in vivo)、さらには製剤に関する研究など、幅広い研究が手がけられます。

日本のバイオベンチャーには、製薬会社のような大規模な自社研究所を持つ資本力はありません。研究設備を設置できるベンチャーインキュベーション施設に自社ラボを保有している会社もありますが、自社ラボを持たずに研究員を大学へ出向させるなどして研究を進めているベンチャーも多くあります。

ベンチャー企業における研究職の特徴としては、少ない人数で広い範囲の研究分野に対応する必要があるため、分業化が進みにくいということがあげられると思います。端的に言えば、「なんでもやらなきゃいけない」ってことです。この点は苦労の原因にもなりますが、ベンチャーで働いている人たちにとっては「いろいろなことにチャレンジできる!」というプラスのポイントでもあります。


コミュニケーション能力も重要

バイオベンチャーの場合、自社内ではすべての研究機能をまかなえないので、外部とのコラボレーションを上手に活用する必要があります。大学の研究室との共同研究や外部機関(実験受託会社など)への外注などは必須の要素です。このような外部とのコラボレーションをうまく機能させるためには、コミュニケーション能力がかかせません。

期待する成果を期日以内に達成してもらうよう、外部の人に動いてもらうのはなかなか大変なことです。高い外注費を払って実験を委託したとしても、こちらは信用力の低いベンチャー、大手企業の仕事が優先されてしまい、なかなか思うように対応されなかったりもします。そんな中でうまく自分達の仕事を進めてもらうには、相手と信頼関係を築いていくしかありません。大変な業務ではありますが、逆にやりがいがある部分でもあります。