バイオベンチャーへの就職・転職をお考えの方へ

バイオベンチャーで働こう!は、バイオベンチャー企業への就職や転職に興味を持たれている方に向けた情報提供のページです。

バイオテクノロジーを基盤技術として、新たな医療技術(医薬品、医療機器、遺伝子治療・再生医療などの先端医療、診断薬)や環境・エネルギー分野の新技術の開発に取り組むバイオ企業は、日本の経済成長や社会問題の解決を担う重要な存在です。管理人である私は仕事上、数多くのバイオベンチャーに関わらせていただいてきました。その中には、すでに一定の事業成果をあげられている会社もありますし、開発の道半ばで奮闘している会社もあります。

日本のバイオ産業はまだ発展途上にあり、バイオベンチャーで働く人材もまだまだ不足している状況にあります。今後、日本のバイオ産業が競争力のあるものに育っていくには、研究者、製薬会社での開発経験者、管理系のスペシャリストなど、より多くの優秀な人材にバイオベンチャーに参画してもらい、この産業に関わっていただく必要があると思います。しかし、ベンチャー企業は大企業に比べると情報が少なく、「なんかリスクが高そう」という単純なイメージが先行しがちです。それが理由で、この世界に足を踏み入れることを躊躇う方もいらっしゃるかもしれません。

”バイオベンチャーで働こう!”は、「バイオベンチャーに興味はあるけど、もう少し詳しく実態を知りたい」という方に、少しでもその理解を高めてもらい、よりよい形でバイオ産業に参加するきっかけにしてもらいたい、と思って運営をしています。

ベンチャー企業は確かに大企業に比べればリスクが高いといえるのかもしれません。「倒産する可能性のある会社なんて嫌だ」と思う方にとってはベンチャー企業は危険にみえることでしょう。でも、今の社会で重要なことは、自分にとっての本当のリスクは何なのかをしっかり見極めることではないでしょうか。

「今は大企業もあっという間に倒れる時代。やりがいのある会社でいかに自分のキャリアを作っていくかが重要。」と考える方にとっては、バイオベンチャーは、魅力ある選択肢のひとつになるかもしれません。自分のキャリアを考えるにあたって、当サイトの情報が少しでも皆様のお役に立てていただければ幸いです。


免責事項

当ホームページはバイオベンチャーへの就職や転職を推奨することを目的にはしておりません。自分のキャリアをどう形成していくか、その中の選択としてバイオベンチャーをどう位置づけるか、それは個々人が自分の責任で判断していくべき問題です。当ホームページの情報は、管理人の主観に基づいた書かれた一意見であり、実際の就職・転職にあたっては、より多くの情報を集めた上で判断していただくよう、お願いいたします。当サイトの情報に基づく転職や投資の判断については責任を負いかねます。

リンクについて

当ホームページの全てのページはリンクフリーです。