創薬プラットフォーム型ベンチャーの紹介

カルナバイオサイエンス

カルナバイオサイエンスは、日本オルガノンという製薬会社からのスピンオフベンチャーです。日本オルガノンが事業縮小する際に、同社研究所にいたキナーゼ研究者達がまとまって独立しカルナバイオサイエンスが設立されました。当社は創薬ターゲットとして有望なキナーゼのクローニング、タンパク質発現、アッセイ系構築などを得意としており、キナーゼ関連製品・サービスを提供する創薬支援事業、自ら医薬品候補を産みだす創薬事業に取り組んでいます。

 会社ウェブサイトへ >>


デ・ウエスタン・セラピテクス研究所

デ・ウエスタン・セラピテクス研究所は、元名古屋大学教授である日高弘義氏により創業されました。当社は、同氏が実績を持つプロテインキナーゼ阻害剤の創薬研究を強みにしており、ドラッグ・ウエスタン法という医薬品に結合するタンパク質を同定する手法をプラットフォーム技術としています。開発品のうち2つ(抗血小板剤、緑内障治療薬)が興和にライセンスアウトされており、現在臨床試験段階にあります。

 会社ウェブサイトへ >>


トランスジェニック

トランスジェニックは、熊本大学 山村研一先生らが開発した可変型遺伝子トラップ法を用いたノックアウトマウス作製技術をプラットフォームとしたバイオベンチャーです。ノックアウトマウスの表現系や遺伝子発現の解析データ、それらデータから得られた創薬ターゲット等を製薬会社へ販売、ライセンスするビジネスモデルを展開しています。

 会社ウェブサイトへ >>


ECI

ECI(旧社名 エフェクター細胞研究所)は、元東京大学教授 金ヶ崎士朗先生の研究成果を基盤とした大学発ベンチャーです。TAXIScanという、細胞の走化性を測定する独自の技術・装置を有しており、同装置の販売や同技術を利用した創薬研究プロジェクトを手がけています。創薬研究プロジェクトとしては、がん治療薬プロジェクトと抗炎症薬プロジェクトの2つを展開しています。

 会社ウェブサイトへ >>


創薬ベンチャーの紹介へ >>

再生医療・細胞医療ベンチャーの紹介へ >>

企業紹介ページトップへ <<


免責事項

当サイトに掲載されている企業の情報については、誤りがないよう注意を払っておりますが、情報の正確性について保証するものではございません。当サイトの情報に基づく転職や投資の判断については責任を負いかねますので、ご了承お願いいたします。