頻尿の治療・治験 最新情報

頻尿の薬について

頻尿には、膀胱や前立腺など泌尿器系の臓器の変化によって起こるもの(前立腺肥大など)と、ストレスや緊張などによって起こる神経性頻尿があります。前立腺肥大の場合には、排尿障害治療薬(ハルナール、フリバス、ユリーフ)が処方される場合があります。
神経性頻尿では、膀胱の過敏性をやわらげて余分な収縮を抑える薬(抗コリン薬)が有効です。心理的な原因の程度によっては、抗不安薬、自律神経調整薬、抗うつ薬などが使われる場合もあります。

Hot!! 実体験に基づいた治療法

頻尿に関する書籍

治験情報

JCVNは治験モニターの募集に関するホームページになります。登録もタダ。頻尿を含む新鮮な新薬インフォメーションが探せる可能性があります。ご覧ください。

JCVNの詳細情報・登録はこちらへ

免責事項

本サイトの情報に基づく行為については一切の責任を負いかねます。本サイト以外の情報も含めて十分に吟味された上で、ご自身の責任で行動いただくようお願いいたします。