難聴の治療・治験 最新情報

難聴の治療法について

難聴は、音が聞こえる仕組みのどこに異常があるのかによって、伝音難聴と感音性難聴に分けられます。伝音難聴は、外耳と中耳の障害が原因で、耳垢の詰まり、中耳炎などによっておこります。中耳炎の治療など、原因を取り除くことで治療が可能なことが多いとされます。
感音性難聴は、音を電気信号に変換する有毛細胞の機能や聴神経の障害が原因となります。加齢に伴う有毛細胞の衰えが原因の加齢性難聴、ストレスなどが原因で起こる突発性難聴、大きい音で起こる騒音性難聴、長時間音を聞き続けることが原因のヘッドホン難聴などがあります。
感音性難聴の治療には、薬物療法(ステロイド薬、循環改善薬、ビタミン剤)があります。加齢性難聴の場合は回復が難しいので、聴力によっては補聴器が必要となります。

Hot!! 実体験に基づいた治療法

難聴に関する書籍

治験情報

JCVNは、治験参加者の募集情報を掲載したウェブサイトになります。登録するのは無料です。難聴をはじめとした最新治療法インフォメーションが探せるのではないでしょうか。お立ち寄りください。

JCVNの詳細情報・登録はこちらへ

免責事項

本サイトの情報に基づく行為については一切の責任を負いかねます。本サイト以外の情報も含めて十分に吟味された上で、ご自身の責任で行動いただくようお願いいたします。