多汗症の治療・治験 最新情報

多汗症の対策・治療法について

局所多汗症の治療としては、塩化アルミニウム溶液を汗の多い皮膚に塗る(汗をブロック)方法があり、一定の効果があるとされますが、かぶれなどによって利用できない場合もあるし、止めるとまた症状が戻るという欠点もあります。ただ、効果が出て少しでも汗が減れば、それだけ精神的なストレスも減り、悪循環を断ち切れるきっかけになりえます。
汗腺をブロックするボトックス療法、イオントフォレーシス(通電療法)、さらに手術によって汗腺を取り除く方法などもありますが、これらについては医師に十分に相談して受けた方がよいと思います。

Hot!! 体験に基づいた治療法

多汗症に関する書籍

治験情報

JCVNは治験のボランティアの募集に関するウェブページとして実績があります。登録するのはタダです。多汗症などの治験情報が得られるかもしれません。ぜひご参照ください。

JCVNの詳細情報・登録はこちらへ

免責事項

本サイトの情報に基づく行為については一切の責任を負いかねます。本サイト以外の情報も含めて十分に吟味された上で、ご自身の責任で行動いただくようお願いいたします。