開発ステージ

特に創薬バイオベンチャーの場合に事前に理解しておきたいのが、事業計画上の主要プロジェクトの開発ステージです。医薬品の開発はある程度決まったプロセスにそって進むため、創薬ベンチャーは比較的開発ステージが把握しやすい業態といえます。よって、その会社のプロダクトが今どの開発ステージにあるのかを事前に確認しておきたいところです。開発ステージによって会社の特徴は少しずつ変わってきますし、会社としての成長段階(IPOまでに必要な期間)をはかるための物差しにもなります。

医薬品の開発はおおまかに、基礎研究、前臨床試験、臨床試験というステップを踏みます。それぞれの段階から次の段階に進める確率は100%ではなく、ステージが早いほど開発リスクは高くなりますが、初期段階から開発に加わった方がより大きな醍醐味や見返りを得られるでしょう。

創薬ベンチャーは開発ステージ毎に次のような特徴を持つことが多いです。


基礎研究段階

創薬ベンチャーとしては初期段階、会社の中心機能は研究部門となる。医薬品候補物を産み出せるプラットフォーム技術を保有しているかが重要であり、それが会社としての競争力の源泉になる。大学との共同研究や補助金などの活用を積極的に行っている場合が多い。


前臨床試験段階

開発候補品目が決定し、医薬品としての開発スケジュールが描けるようになる段階。製薬会社での開発経験者の参画が不可欠になってくる。必要な開発資金額が大きくなるので、ベンチャーキャピタルなどの外部投資家との関係も増えてくる。


臨床試験段階

実際に患者さんなどのヒトで安全性や効果を確かめる段階であり、医薬品としての実用化も視野に入ってくる。会社の中心機能は開発(特に臨床開発)である。また、このステージになれば製薬会社とのライセンス交渉の話も出てくるので、事業開発も重要な機能となる。


IPOまでの期間は?

企業の成長ステップとして株式上場(IPO)を意識してベンチャーに入る方もいるでしょう。創薬ベンチャーの場合、開発ステージとIPOのタイミングは密接に関係しています。IPOまでどれぐらい時間がかかりそうか、開発ステージはその判断の目安にもなります。具体的には、現在(2010年2月)の株式市場では”臨床試験にて薬効を確認すること”が創薬ベンチャーのIPO条件の1つとされており(絶対条件ではないですが)、この要件がいつ満たせるかがIPOのタイミング判断の鍵となります。

開発品目等によって異なってくるのであくまで目安ですが、IPOまでには、基礎研究段階で最低でも5年程度、前臨床試験段階で3〜5年程度、臨床試験段階で1〜3年程度ぐらいになります。