医薬品開発に関するおすすめの書籍

ここでは医薬品開発に関する書籍を紹介しています。画期的な医薬品の創薬事例や研究開発プロセスを紹介している書籍を取り上げています。


「新薬誕生」は、実際にブロックバスター(1000億円以上売れているような大型医薬品)となっている医薬品の事例について、その研究開発の経緯が描かれた本です。インタビューに基づく創薬にまつわるエピソードが豊富に含まれており、創薬の醍醐味を感じることができる一冊だと思います。

「創薬論」は、医薬品開発プロセスや日米欧における医薬品開発に関する制度について、詳しい解説が書かれた本です。専門的な話になるので、本格的に医薬品開発を学びたい人向けの本かもしれません。

「新しい薬をどう創るか」は、創薬の基礎研究部分、新しい医薬品候補物質がいかにして生み出されるのかという点を、比較的わかりやすく解説した本です。創薬分野の研究者を目指す学生さんなどにおすすめです。

Amazonにて他の方のレビューも見れます。書籍画像をクリックしてご参照ください。

古本でよければ、こちらで検索してみてください。

おすすめ書籍一覧へ <<


大人気!『スピードラーニング中国語』 << この先、転職で有利になるスキル

大人気!『スピードラーニング英語』 << 石川 遼 君も利用した英語勉強法

最寄の資格スクール検索 << 転職のためのスキルアップはこちら