製薬業界、製薬会社の現状と観測をレビューするのに最適の一冊

医薬品業界「特許切れ」後の挑戦

これまで稼ぎ頭であった医薬品の特許切れという課題に加え、米国でも医療制度改革の機運が高まるなど製薬会社を取り巻く環境の変化が予見されています。各製薬会社がどういう戦略をとっていくのか、行政がどういう舵取りをしていくのか、私も今後の業界動向に強い興味を持っています。

本書はそのような医薬品業界の現状をレビューするのによい本かと思います。製薬会社にせよ、バイオベンチャーにせよ、転職・就職活動をするにあたり、業界の直近の動向は理解しておいて損はありません。


Amazonで他の方のレビューが見れます >> 医薬品業界「特許切れ」後の挑戦

古本でよければこちらで検索してみてください。品薄ですが、どちらかにはあるかも。

 おすすめ書籍へ <<